ある犬の物語 2017’

f:id:hasu-no-ne38:20170702235322j:image

十数年前、みいちゃん宅で読んだ感想として、話した感情は覚えていた。

f:id:hasu-no-ne38:20170703001233j:image

だけど、まさかな。古本屋の片隅で、涙を必死にこらえながらページをめくるとは思わなかった。

んでもって「うわっ、ゆみもこの景色みたっ!」「なんでか、チョー綺麗だった!」と、言い出してしまう感じはどうかと思うけど。

f:id:hasu-no-ne38:20170703001410j:image

  • なんでもなくつながれてたり “今日もまたこの道かよっ!!” と、大人になった少年と散歩してたらいいなと思ってしまった。
  • しまった。

わかったような事を平気で言い、あたり前のように暮らす、繰り返す事がどれだけかも知らず、ため息をつく事かな。

 

うん。目標だと思う、この先の憧れ。まさに今。