「家族の風景」

ふたりはともだち (ミセスこどもの本) 作者: アーノルド・ローベル,三木卓 出版社/メーカー: 文化出版局 発売日: 1972/11/10 メディア: ハードカバー 購入: 12人 クリック: 196回 この商品を含むブログ (150件) を見る レイコさんから「グラタンつくって待っ…

台風。

月曜の昼過ぎ、ゆるりといわきに帰るつもりでいた。 まじかー。

雑炊。

スキルキルス。

“今年は「絶対に」乾杯しましょう。”と、シェフと約束した。 さっそく、去年頂いたリースを押入れから出した。 スキルキルスのツアーファイナルがうんと眩しかった、すごく羨ましくってさ。 その分「私は一体何をしているんだろう?」「何がしたいんだろう?…

モンブラン。

それが大事 アーティスト: 大事MANブラザーズバンド,立川俊之,渡辺禎史 出版社/メーカー: ファンハウス 発売日: 1991/08/25 メディア: CD 購入: 2人 クリック: 56回 この商品を含むブログ (21件) を見る “ クリスマスキャロルの頃には ” がマックスだ、頭の…

割れなかったっ!

目が覚めて、金曜日。 セスキ様様。

しろいうさぎとくろいうさぎ。

マコをみながら、大好きな塩パンを食べる幸せ。

立ち食いそば風。

朝から〆てみました。

苦笑。

当日、このダンボールをレンタカー屋まで持っていき “ 何食わぬ顔 ” で車に乗せる勇気が必要だと気がついてから、2ヶ月放置。 そう、2ヶ月が経った。 アバウト・タイム~愛おしい時間について~ [DVD] 出版社/メーカー: NBCユニバーサル・エンターテイメントジ…

セスキ日和。

“ ふいて ふいて ふいて ふいて ふいて ふいて ふいて ふいて ふいて まわって まわって まわって まわる ” を、歌詞通り繰り返しています。 ハイビスカスとガジュマルの調子がいい。 シナモンロールかなと、思いました。

シチリア。

クリーム色。

うんと稼いでいる友達の買い物に付き合うのが好きだ、眺めているだけで非常にすっきりする。 私も買い物大好き人間だったけど、一時期生活するのもやっとなどん底「地獄」を経験して以来、身につけた技なのかもしれない。 あおくんときいろちゃん (至光社国…

雨の日。

大好き。

お行儀。

メロディー玉置 浩二ロック¥250provided courtesy of iTunes ラジオからメロディーが流れてきて、朝からグッとした。 お湯を沸かしているあいまに、上にのせたかった天ぷらを食べてしまった。どんべい。

久しぶりにツイッターで津田さんをみた瞬間、吐いた。 やっぱ感情的にもなり、涙もこぼれた。 でも、今なら黙って去れる。うん。 いい時間EVISBEATSヒップホップ/ラップ¥200provided courtesy of iTunes うんとかっこつけて書くと “ 負ける ” ってああいう…

キッチン。

なぜかマネージャーとシェフは笑いっぱなしなのだけど、本当に勉強になる。 むいてないなとは思うけど、うん。 たまごサンドをほおばりながら、バスで帰る幸せたるや。

スープ。

寒い。

茶柱?

ハイビスカスが上向きに咲いてた。

季節の変わり目。

風邪引くだろうなと思っていたら、ちゃんと風邪をひいた。 私が今年も企画を続けている事こそ、いわきの新らしい未来だと、あの頃の未来に立ってんのかもなと思うと、ゆみよ、もう少ししっかりしてくれと思う。 とりあえず、丸鶏売りきれてほしいよね。願。

祝!ユザーン生誕40年。

ユザーンが40歳になったらしいっ!!ので、11月11日は是非いわきSONICへ。 なんか、大人っぽいね♡

文化。

友達に連絡をはじめた。 「行くよ。」と即答してくれた友達もだけど「元気け。」とか「頑張れ。」だけでも、こんなにうれしいものだったかと感じた。 「東京だったら即完だろうに。」と、同僚にまで心配されると、よりミルミルしてきます。苦笑。 次はリンリ…

真夏。

去年の今頃を思い出した。

うしろ姿。

綺麗。

影の無いヒト

https://m.facebook.com/events/519519305066630/ チャッピーが企画の動画を作ってくれた。 私に “ ASA-CHANG&巡礼 ” を教えてくれた張本人が、急きょ動画まで作ってくださった。 花 アーティスト: ASA-CHANG&巡礼 出版社/メーカー: ミュージックマインID 発…

スカート。

履いてないまえに、持ってない気がして休憩が終わった。

🥚

土産話。

to overの金庫に、もう何年前かも忘れてしまった “ 修行の旅ツアー” のスケジュールがお守りみたいにあって、ちょっと言葉をなくしてた。 かえしたくなかった。 あと「諦めず、最後までガンガン宣伝すべきだ」と言う三ケ田君とポーザーの泉田さんの力強さだ…

不思議。

なぜか、すでに胸がいっぱいな自分がいる。グッと涙をこらえたり。 が、仕事っ!!

超楽しかった!

にんにん。

いざ、渋谷。

小名浜のみなさま、平のみなさま、そしてSONICのみんな、ありがとう。 次は、10月中旬かな。最後の最後のお願いに帰ります。